profilemovie
男女

2人を紹介できるプロフィールムービー

カップル

プロフィールムービーはソフトの機能を使う

金髪の女性とスーツの男性

プロフィールムービーを依頼する

ハート

コンセプトに沿ったプロフィールムービー作りが大切

手作りプロフィールムービーのススメ

結婚式のプロフィールムービーはゲストが一番注目する映像コンテンツと言っても過言ではありません。適当な作りにはしたくありませんが、業者に頼むと思いのほか値段がかかるのも事実です。
一生に一度の結婚式、他にもお金をかけたいものが山ほどあります。そんなときは、いっそプロフィールムービーを自分で作ってしまいましょう。手間はその分かかりますが、フリーソフトを使えばタダ同然でできてしまいますし、自分でこだわりを持って作った映像はきっと式が終わったあとも思い出として残るはずです。
Windowsを使っている人はWindowsメディアプレイヤーを使うのが最も簡単です。まずムービーに使用したい写真を選定します。新郎・新婦それぞれが出会うまでの写真と、ふたりが付き合い始めてからのツーショット写真を探しましょう。再生したい順にそれらを貼り付けていけばムービーの骨組みが出来上がります。コメントを記入するのも忘れずに。
写真を表示する時間の設定はゲスト目線になって行いましょう。コメントが長ければ読むのに時間がかかります。BGMはそれぞれの幼少期に一曲、ふたりが出会ってからに一曲の計二曲を使うのがプロフィールムービーでは定番ですね。もちろん自分のムービーなので、その辺りはお好みで調整下さい。ただしあくまでゲストが飽きない長さで作成するよう努めましょう。オリジナリティあふれる素敵なムービーが完成できるよう祈っています。

プロフィールムービーを自作する方法

結婚式で流されるプロフィールムービーは、新郎新婦の生い立ちや出会いを紹介したり、新郎新婦に関わる方々を登場させて感謝を伝えるうえで非常に重要なものです。プロフィールムービーの作成する業者もいますが、数万円の費用が必要になります。結婚式はほかにも様々な費用が掛かるので、今回は満足のいくプロフィールムービーを自作する方法を二つご紹介します。
一つ目は、市販のムービー作成キットを購入すること。家電量販店等に行くと、プロフィールムービー作成キットが五千円~一万円程度で販売されています。こちらを利用すれば非常に簡単にプロフィールムービーが作れる点がメリットですが、選曲や写真枚数、デザイン、文字入れ等でどうしても制約が発生し、クオリティが下がってしまうことがデメリットです。
もう一つは、フリーソフトを用いて完全オリジナルのプロフィールムービーを作成すること。こちらは費用は一切かかりませんし、自分の好きな曲、好きなデザインでプロフィールムービーを作成できる点がメリットです。一方で、ある程度のパソコンスキルが必要となること、作成に手間がかかってしまうことがデメリットとなります。
ご自身のこだわりたいポイント、パソコンスキルやセンスを鑑みて、どのような手段でプロフィールムービーを作成するのかを考えるのがよいかと思います。その際の判断材料となれば幸いです。

自宅でプロフィールムービーを作るコツ

結婚式などでは定番のプロフィールムービー。二人の生い立ちや思い出の写真を映画のように見せたり、迫力のある予告編風の映像で二人を紹介したり、様々なジャンルの映像があり結婚式を盛り上げます。実は業者などに制作を依頼しなくても自分で素敵なプロフィールムービーが簡単に作れるんです。
Windows「ムービーメーカー」Mac「iMovie」を使えばプロ並の素敵な映像が簡単に作成できます。どちらも操作は簡単で、お好きな画像や動画を読み込み見せたい順に並べ替え、エフェクトや切替効果を加えればクウォリティーの高いムービーが作れます。
エフェクトや切替効果の種類も豊富で、テキスト挿入や画像や動画のトリミング編集も可能です。そして重要になってくるのが、音楽です。加える音楽によって同じ写真、同じ動画でも全く雰囲気の違う作品に仕上がります。ゆっくりとしんみり見せたいのか、会場が沸くようなパーティーチューンに仕上げたいのか、選曲次第で大きく変わってきます。
また「iMovie」には簡単に作れる予告編ムービーの機能がついてます。ホラー、ドキュメンタリー、ロマンチックコメディーなど豊富な種類の中から好きなテイストを選べます。主演・監督・脚本などに名前を入れ、使用したい画像や動画を挿入し、テキストをアレンジすると本格的な予告編が簡単に作成できます。完成した作品は保存しDVDにも出来るのでご家族や友人とプロフィールムービーを鑑賞し楽しむことができますね。

プロフィールムービー制作は会社選びが大切

"「プロフィールムービー」は、依頼する制作会社がすべてと言っても過言ではありません。できるだけたくさんの会社を比較して、その中で最も優れていると思ったところを選びましょう。センスのレベルは、ホームページで制作例を観れば判断できます。また、結婚式は式場の料金やドレス代など、なにかとお金を費やします。少しでも負担を軽くするためにも、プロフィールムービーの制作費用はできるだけ安く抑えましょう。 安くするために事前には、予算を明確にしておかなければなりません。最初に決めておかないと、オプションをつけすぎて高額になってしまうこともあるので気をつけましょう。プロフィールムービーは、2人で共同で考えるものです。どちらかで勝手に進めてしまうと、後々になってもめてしまうこともあります。2人の好きな音楽、写真もいっしょにピックアップしましょう。 また制作会社は、何でも親身になって相談に応じてくれるところを選びましょう。冷たい、扱いが雑など対応が良くない会社ではオーダーして良かったという気持ちにはなれません。どんなに安く仕上がったとしても避けましょう。費用や対応、技術などトータル的に見て、バランスが取れているかが大切です。"

子供がいる場合のプロフィールムービー作成

子供がいる場合はプロフィールムービーを作成する際に迷ってしまう部分があります。それはプロフィールムービーの中に子供の写真を使って良いのかになります。結婚式をするのが少し遅くなってしまった場合は、子供が先に生まれる場合もあります。プロフィールムービーと聞くと新郎新婦の生い立ちを紹介する物、または振り返る物になるので、子供の写真は不要なのかと考えてしまいます。結論から言うと子供を登場させても問題無いと言えるでしょう。なぜかと言いますとプロフィールムービーは生い立ちを紹介する役割も持っていますが、結婚式を挙げる日までの事を参加してくれている人達に教える場でもあります。プロフィールムービーの前半はお互いの幼少期の写真を使って構成していくので、子供の写真は必要がない場合もありますが、後半になると二人での生活や子育ての様子を紹介する場面もあります。その場面で子供の写真を使ってあげると良いでしょう。そうする事によって自分達だけではなく、子供が大きくなった時に自分の写真を使ってくれたと分かるので、子供にとっても思い出深いプロフィールムービーになります。実際に子供の写真を使っている人もたくさんいるので、迷っている人は利用をしてあげましょう。


あなたの希望に合ったプロフィールムービーを作りませんか。プロフィールムービーがあれば会場が盛り上がることまちがいなしではないかと思います。素敵な時間を演出してくれるプロフィールムービーをお作りください。